食べる時間ダイエットとは!?脂肪をためない時間を知ろう!

近年、注目されている「時間栄養学」。食べる順番や、食べる内容もさることながら、
食べる時間帯」もダイエットに関係しているというものです。

ビーマルワンという時計遺伝子は、夜22時以降、体に脂肪をため込みやすくなります。
このような性質を知っておくと、効率的にダイエットができます。
今回は、今大注目のビーマルワンについて、解説しています!
ダイエット中、どうせ食べるなら、太りにくい時間に食べたいですよね。

BMAL1(ビーマルワン)とは、時計遺伝子の一つです。
人の体内には、「朝起きて、お腹がすいてご飯を食べて…」と、活動リズムを調整するたんぱく質があります。ビーマルワンも、そのたんぱく質の一種で、全身のほぼすべての細胞に存在します。

ビーマルワンは時間帯によって増減します。午後2~3時がもっとも少なく、午後10時~午前2時にもっとも多くなります。といっても、これは一般的な話で、だいたい「起きてから7時間後」にもっとも少なくなります。
例えば、朝7~8時に起きる人は、14~15時が少なく、朝5時に起きる人は、12時が低い、ということになります。夜遅いときのビーマルワンの数は、一番低いときに約50倍もあるといわれています。

ビーマルワンは、脂肪細胞に脂肪をため込むはたらきがあります。すなわち、「ビーマルワンが高いときは、脂肪をため込んでいる」ということです。
逆に、ビーマルワンが少ないときは、脂肪をため込みにくい、ということになります。
夜食や、夜遅い時間の食事が太る、といわれているのはビーマルワンも関係しています。

ダイエットは、「食べ順」や「食べる内容」が重視されがちでしたが、近年、「食べる時間」が注目を浴びています。
人や植物・動物は、1日を25時間としてリズムができています。朝、起きて日光を浴びて、リセットされ、新しく1日がスタートするようになっています。
しかし、内臓は日光を浴びるわけではありません。「朝ごはんを食べる」などの行為で、1日の始まりを知ることができます。
朝食を抜くと、体内はなかなか1日の始まりだと分からず、体内時計が狂い、やがて体調不良の原因となります。さらに、1日の初めにエネルギーをとらないと、本来発揮できるパフォーマンスができないことにもなります。
体内時計のためにも、少しでも朝食を口にしてから1日を始めてみてはいかがでしょうか。

近年は「食べる時間ダイエット」が注目されています。食べる順番、内容ももちろんのこと、次は食べる時間に気をつけてみてはいかがでしょうか。

とはいえ忙しい日々の中、なかなか実行できない方もいらっしゃるでしょう。
そんな人は、「食べ順」「内容」「食べる時間」のどれか一つからでも、意識してみましょう!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

空き時間に簡単!マンツーマン指導にてあなたに合ったメソッドにて目指す体型へ!
その方法とは?画像をクリックでCheck!



webdiet_bunner-01.jpg

ブログランキング参戦中です。ポチッとお願いします!

人気ブログランキング



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

futakouh

Author:futakouh
高校生まで太っていました。大学で無理なダイエットをしてこけました。正直摂食障害のようなレベルでしたが、今ではまた食べることが大好きになることができ、体型も理想をキープしています。

年齢も重ね気が緩むとまた太ってしまうと思いますので、キープする術を研究しています。もし有益な情報がございましたら皆様と情報共有出来ればうれしいです

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR